宇藤歯科医院の最新の治療技術を紹介致します。

診療技術紹介

義歯

入れ歯で悩んでいる方へ 入れ歯だから仕方がないとあきらめている方へ

一言で入れ歯の悩みといっても色々あります。
  • 良く噛めない
  • しゃべりにくい
  • 見た目が悪い
  • がたつく、すぐ外れる
  • とにかく違和感がある
  • 飲み込めない
  • 当たって痛い

あなたも何か心当たりがありますか?入れ歯で悩んでいる方は本当に多いのです。
それにもかかわらず、時代はインプラント一色で入れ歯に力を入れている歯科医師、歯科技工士が大変少なくなってきています。

皆さんは入れ歯をどのように考えていますか? 私は入れ歯を『人工臓器』だと考えています。

しかも入れ歯の場合は機能だけではなく、見た目も重要な要素です。そういう意味では人工臓器の最たるものと言えるのではないでしょうか?ですから本当に大切なものであり、きちんと作らなければならないのです。

ではどうしたらあなたにぴったりの入れ歯が作れるのでしょうか?

まず、今までの経緯、皆さんのご希望を詳しくお聞かせください。
お話を伺い患者さんとのコミュニケ−ションを取ることが最も大切な事だと考えています。その上で、現在のお口の状態をしっかりと把握します。噛み合わせ、土手の状態、骨、筋肉、舌、etc.細かく調べます。

当院は『治療用義歯』を使用した治療を行っています。

難しい症例の場合は、治療用義歯を用いて、顎の機能を正常に回復し、噛み合わせを安定させ、さらに周囲の筋肉をトレ−ニングし、筋肉と調和の取れた義歯を作製していきます。

熟練した歯科技工士が作製します。

よい入れ歯を作るには当然作製する歯科技工士の腕が重要になってきます。当院がお願いしている技工士さんは入れ歯専門のベテランです。
必要であれば実際に治療に立ちあい、直接、患者さんの希望を伺ったり、細かい形態など修正していきます。

入れ歯製作の流れ(大まかな流れ)

概形印象
入歯 基礎作り

混水比、温度管理をしっかり行い精密な型を取ります。

治療用義歯作成・治療用義歯調整

調整を繰り返して、一人ひとりに合った義歯にしていきます。

調整を繰り返し、入歯を形づくっていきます。
最終義歯
あなただけの入歯の完成です。
ミリングデンチャー(部分入れ歯) 部分入れ歯の形状いろいろ

入れ歯は口の中でしっかりと固定される事が、粘膜や骨、顎などに良いとされています。

ミリングデンチャーは入れ歯を固定する土台の差し歯から設計し、口の中をトータルに考えた入れ歯です。残っている歯の負担が小さく、よく噛むことができます。

また、クラスプ(バネ)を使わないので審美性にも優れています。

こんな方にお勧めです。
  • 歯を多数失った方でインプラントに抵抗がある方。
  • 残りの歯に負担をかけず、歯の機能を回復させたい。
  • 出来るだけ目立たないように入れたいと思っている方。
宇藤歯科医院 診療案内へ

TOPへ