宇藤歯科医院の最新の治療技術を紹介致します。

診療技術紹介

歯牙再植術
「歯根破折」→「抜歯してインプラントかブリッジにするしかない」と言われた方へ

歯牙再植術とは、歯を支えている歯根が破折した場合に、一度抜歯をして口腔外で接着をし、再び元の位置に戻す方法です。

多くの方は歯根破折を起こすと
「もう使えないので抜歯して、インプトかブリッジにするしかありません」

そして更に
「ブリッジは健康な歯を削らないとならないし、土台の歯の負担も大きいのでインプラントが一番良いです。」 と言われます。

しかし、本当にその歯を残せる方法は無いのでしょうか?

確かにインプラントはすばらしい治療法ですし、歯を失った方にとって多大な恩恵を与えています。特に近年のインプラントの普及は驚くばかりです。
しかし、その反面、歯を残そうとする努力が歯科界全体として失われつつある事は残念な事です。

当院では可能であればまず、自分の歯を残すことを考えます。
それがダメだったときにインプラントを考えても遅くないと思います。

「もう抜くしかない」と言われた方は“抜歯する前に”是非ご相談下さい。歯牙再植術が可能な歯かもしれません。

歯牙再植術の流れ
  • 歯茎が腫れています。
  • 冠とコアを外したところ。歯が割れているのがわかります。
  • 割れた歯を抜いたところです。
  • 接着剤でパズルのようにくっつけました。
  • 抜いたところに戻し、縫って固定しました。
  • 最終的な冠を被せたところ。
宇藤歯科医院 診療案内へ

TOPへ