町田市の予防・審美歯科の宇藤歯科医院。診療技術セミナーなどの受講報告。

診療について
宇藤歯科医院は自由診療専門の医院です
最高の歯科医師とは?
診療の流れ
診療技術紹介
メンテナンス
ダイレクトボンディング
義歯
根管治療
ジルコニア
歯牙再植術
治療費一覧
健康セミナー
セミナー報告
アンケート紹介

スタッフの取り組み
壁新聞
フラワーアレンジメント

宇藤歯科医院について
院内紹介
スタッフ紹介
医院案内
滅菌・消毒
患者さんの声
診療時間・アクセス
お問い合わせ
リンク

ラバーダム、精密治療、ホワイトニング、根幹治療、精密義歯、駅前の宇藤歯科医院 宇藤歯科は自由専門の医院です

町田市の予防歯科、審美歯科なら宇藤歯科医院へ。マイクロスコープによる治療をおこなっております。

宇藤歯科医院

〒194-0013
東京都町田市原町田6-3-3町映ビル4F

TEL 042-721-6474

FAX 042-721-6473

診療時間

日祝
× ×

平日 : 9:00 -13:00, 14:00-18:00
土曜 : 9:00 -13:00, 14:00-17:00

TOPICS



2018年7月2日(月)『第76回健康セミナー』

『一生自分の歯で過ごすために』これからの歯科のかかり方
『一生自分の歯で過ごすために』実際の治療の進め方
『歯科衛生士からの役立つお話し』
質問タイムを予定しています。
予約制なっておりますので参加ご希望の方はお電話でご予約ください
当院に通われていない方でも参加いただけます。
午後1:00〜
参加費無料







2014年7月17日 CT導入しました。

3D-CTでは、最小 0.075mmのスライス幅と、最大φ80×90mm範囲での撮影が可能です。
 インプラントから歯内療法まで、様々な診断に適しています。
 また、最短7秒での高速撮影が可能ですので、患者さんの負担を軽減します。







2011年6月26日、東京ヘルスケアーグループのスタッフミーティングに参加しました。(一同)

今年は「患者さんが納得する歯周治療とは」というテーマを考えました。
当日は各歯科医院より「自院のメンテナンス率」について発表しながら、以下の事をグループディスカッションしました。

「患者さんが納得する歯科治療とはどんなものだと思うか?」
「私たちがそのためにできることは何があるのか?」
「患者さんに自分達の歯科医院に通い続けてもらうためには、何が必要か?」
「自分が患者だったら、どんな時にその医院が嫌になるか?」

当院からは衛生士の横山聡子が発表しました。
初めての発表でしたが、とても落ち着いていて内容も良くまとめられた聞きやすい話でした。

ちなみに当院のメンテナンス率は過去3年間で
メンテ来院者(1年以内に来院した人)/新患総数  33.6%
メンテ来院者(1年以内に来院した人)/治療修了者 82.3%

でした。『目指せメンテナンス率100%!』

一同







2011年5月21日、「Penn endo study club in japan」卒業式(野田)

「Penn endo study club in japan」の卒業式が東京ドームホテルにて行われました。講師の先生方、一期生の先生方(我々は二期生)、業者の皆様には本当に一年間お世話になりました。大変充実した一年でした。
同期生の天川先生が一年間の思い出をMovieにしてくれてそれを上映したのですがかなり感動ものでした。(その動画はココ)たぶん自分たち以外には伝わらないとは思いますが・・・一度ご覧下さい。

野田







2011年4月18日〜20日、ペンシルバニア大学(ペンシルバニア州フィラデルフィア)におけるPenn endo study club in Japanの卒業検定を受けてきました。(野田)

一年間学んで来た「Penn endo study club in japan」の締めくくりとしてペンシルバニア大学歯内療法科にて卒業検定を受けてきました。
ここでも英語のシャワー・・・。Kim教授との口頭試問、外科的歯内療法の実習、ライブオペ見学、resident(大学院生)のトピックプレゼンテーションとケースプレゼンテーション・・・など盛りだくさんでした。
長い様で短かった「Penn endo study club in japan」の受講もこれで終了です。一年前の自分と比べて歯内療法に関して知識も技術も数十倍にレベルアッップした事を実感しています。日本の歯内療法の発展に貢献できるようこれからも努力していきたいと思います

野田







2011年4月13日〜16日、AAE(American Association of Endodontists、テキサス州サンアントニオ)に参加してきました。(野田)

アメリカの歯内療法専門医の学会であるAAEに参加し、米国歯内療法の本流に触れてきました。もちろんレクチャーは全て英語・・・苦労しました。日本の歯内療法と世界の歯内療法に差がある事を実感してきました。
これに関して「クインテッセンス 7月号(歯科用雑誌です)」に自分が書いたレポートが掲載されましたので興味のある方はご覧下さい。

野田







3月12日、13日、Penn endo study club in Japan卒業プレゼンを行ってきました。(野田)

一年間受講してきた歯内療法専門医になる為のプログラム「Penn endo study club in Japan」。いよいよ最終回を迎え、最後のトピックプレゼンテーションとケースプレゼンテーションを行ってきました。
前日の11日は東日本大震災でしたが、北は札幌、南は鹿児島からクラスメート8人全員が集合し、一年間の成果をそれぞれが存分に発揮してプレゼンテーションを行いました。

野田







1月23日 ミラクルデンチャーの研修を受けてきました。(宇藤)

ミラクルデンチャーは大阪の中川先生が考案されたもので、挿入方向が3次元的で今までの入れ歯の概念を覆すものです。患者さんにとっては違和感も少なく、審美的にもすぐれ、動揺歯があっても可能であるなどメリットが大きいと思います。私は昨年5月に初めてミラクルデンチャーの講習を受け、多くの患者さんに治療してみましたが良い感触を持っています。今回はさらに新たな方法を教えていただき、治療の範囲が広がると思います。朝5時に家を出て夜11時に帰宅という強行日程でしたが今後の診療が楽しみな1日でした。

宇藤








11月21日『歯科臨床研鑽会in香川』でDH.永田が発表してきました。

『完全自費化から見えてきたもの』−歯科衛生士の立場から振り返ってーという演題で発表しました。今年の3月に私と野田先生が同じタイトルで歯科臨床研鑽会in東京で講演したのですが今回は、衛生士の立場からの苦労談、取り組み、今後の目標などを話しました。初めての講演で直前まで緊張していましたが、いざ始まると堂々と、テンポ良く話していました。時間もぴったりで素晴らしい講演でした。 

宇藤








10月24日DBMコンサルテイング主催の「ドクターズミーティング」で講演してきました。

「正統派自由診療経営を語る」というとても大きな演題をいただき話してきました。
自由診療は決して経営的な事を考えて行うのではなく患者さんにとって何が最善なのかを考えた結果辿り着いたものであり、確固とした理念がなければ難しいものです。
しかし、歯科医師としてのやりがいはかけがえのないものである事をお伝えしようと思いながら話しました。また、野田先生からは勤務医として、スタッフとしての感想を話してもらいました。
今回は以前当院に勤務されていた金澤先生(かなざわ歯科医院)も講師の一人として話されました。とても立派な話で先生の成長を見ることができたのも大きな喜びでした。 

宇藤









5月15、16日 Penn Endo Study Club in Japan

 とうとう始まりました、歯内療法の年間コース「 Penn Endo Study Club in Japan」。今回はオリエンテーションと講義でしたが、この一年間で行う実習やプレゼンや課題などの量を知り飲みに行く時間を相当減らさねば・・・と思いました(汗)
一年間の最後にはペンシルバニア大学での検定もあるのでそこに向けて英語も勉強しなくては・・・頑張ります。

野田







4月18日 顕微鏡歯科学会 in 札幌に出席してきました。

 顕微鏡歯科学会に参加してきました。この学会はかなり小規模のマニアックな学会です。今回は歯チャンネル回答者の先生方と現地にて合流し行動を共にさせて頂きましたが、学会での講演よりもその先生方と飲みながら話していた方が勉強になったような・・・最新鋭のマイクロスコープが15台くらい(?)展示されていて壮観でした。見ると新しいのが欲しくなります。。。

野田







4月11日 華麗なる修復の世界 アドバンストハンズオン「The Secrets of Shading and Finishing」〜究極の前歯充填〜 を受講してきました。

 昨年も参加した東京医科歯科大学同窓会主催の高橋登先生のダイレクトボンディングのセミナーの続編です。今年は1日だけのコースだったのですが過去にダイレクトボンディングのセミナーでご一緒した先生方もたくさん受講されていて盛り上がりました。つくづく高橋先生のテクニックには感動です。。。

野田







3月28日 歯科臨床研鑽会 に出席してきました。

 院長と自分が回答者として登録している『歯チャンネル』関係の勉強会で院長が講演しましたが、その中で20分くらい自分も話してきました。準備はしっかりして行ったつもりですが、なにしろ歯医者ばかりの前で話をするのは初めてだったので・・・ちゃんと話せたのかあまり記憶はありません。。。一緒に参加した当院の衛生士がブログにこの研鑽会の話を書いていますのでそちらもご覧下さい。(クリック!)

野田







3月27日 Penn Endo Program in Japan 一期生卒業プレゼンを受講してきました。

 5月から受講する Penn Endo Program in Japan (歯内療法のセミナー)の一期生の卒業プレゼンテーションを聴いてきました(5月から受けるのは二期生としてです)。このセミナー、大量の論文読んでプレゼンとか、抄読するとか自分でやる勉強の量が多くて大変なようです。。。

プレゼンをされていた先生方の堂々とした立ち居振る舞いと知識に、来年の今頃自分もこうなっているように頑張らねばと思いました。

野田







3月6、7日 第8回石井歯内療法研修会 を受講してきました。

以前にも受講したこのセミナーでしたが(そのときは4日間コース)5月から 一年間 Penn Endo Program in Japan を受講するにあたり、その予習としてもう一度出席してきました。一回目に聞いていたはずだけどうろ覚えだったことって結構あるなぁと思い知らされました。。。

野田







平成22年1月17日 GC歯内療法講演会 を受講してきました。

 日本で有名なエンドドンティスト4人(石井先生、牛窪先生、井澤先生、澤田先生)が一堂に会してお話しいただけるという非常に貴重な講演会でした。一日という短時間でしたが歯科用顕微鏡の歴史から根管治療の基本コンセプト、外科的歯内療法の話まで盛りだくさんでした。

この日は、師と崇める高橋登先生のコンポジットレジンのセミナーも他の主催であったみたいでそちらも気になったのですが。。。GCを申し込んだ後で知ったので選びようもなかったが・・・そちらは行けなくて残念(涙)

野田







2009年12月12日PTDLAB堤嵩詞先生の『ラボサイドから総義歯臨床への提言』を聴いてきました。

来年1月から参加予定の深水先生の総義歯5ヶ月コ―スに先立ち、技工士の立場からのお話でした。堤さんの模型を見る観察力とそれを裏付ける知識に感心しました。

そして、我々歯科医師の印象の重要性を今更ながら再認識しました。また、技工士さんが患者さんをできるだけイメ―ジ出来るように、多くの資料を与えなければならないと思いました。来年からのセミナーに期待を抱かせる興味深い話でした。


宇藤







2009年7月5日アメリカの歯内療法専門医であるStephen Buchanan 先生の来日記念講演会に出席してきました。

演題は『The Art of Endodontics』−System-Based Endodontics with New Technologies−Buchanan先生はアメリカSanta Barbaraで開業されている世界を代表する歯内療法専門医です。SystemB(垂直加圧充填器)の開発者であり、私達も先生のお陰で多くの恩恵を受けています。

今回の来日は,先生がデザインした4世代目のニッケル・チタンファイル(GT-X)の紹介の為です。Rフェイズと言う折れにくい特殊な処理がされたニッケル・チタンファイルです。

今回の来日は7年ぶりでしたが,前回の来日と比べ根管充填剤が根尖孔外に出ているのが少なくなった印象を受けました.それにしてもBuchanan先生の治療は当に『Art』という感じでした。

Buchanan先生の前に講演された寺内先生の話は日本の根管治療の問題点、今後の進むべき道を示してくれました。


宇藤、野田







9月6日(日) Dr.Newton Fahl, Jr. 初来日記念講演会「COMPOSITE ARTISTRY Creating Anterior Masterpieces」講演会を受講してきました。

Dr.Newton Fahl, Jr. は世界で最もダイレクトボンディングが上手いと言われているブラジルの先生です。講演は英語だったので生で聞くとチンプンカンプンでしたが同時通訳があったので助かりました。デモンストレーションで前歯を一本ダイレクトボンディングされたのですが大変美しい仕上がりでした。
ブラジルで講習会を開いているとの事だったのでいつか受講してみたいです。その日の為に英語も勉強しないとね…


野田







平成21年6月6日、7日の2日間、高橋登先生の「華麗なる修復の世界2009アドバンスドハンズオン」というセミナーを受講してきました。

昨年も高橋先生のダイレクトボンディングのセミナーを受講したのですが、今回は前歯のダイレクトボンディングをいかにバレないように…いえ、まるで本物と見分けがつかないように行うか、という内容のセミナーでした。実習もたくさんこなしてきました。

前歯の色で悩んでいる方のご相談どしどしお待ちしています。


野田







3月14、15日、4月11、12日の4日間、石井宏先生の歯内療法セミナーを受講してきました。

石井先生はアメリカのペンシルベニア大学の歯内療法の大学院を出られた日本に数少ない本当の専門医です。

今回のセミナーは座学だけでしたが、ボリュームは凄かった(汗)。また今回も頭の中がパンクしそうでした。でも、文献に裏付けられたtopicを聞き色々と頭の中で解決できた事がありました。

大切なのは「基本コンセプト」。


野田







3月7,8日に日本臨床補綴研修会主催の総義歯ライブの後半セミナーに参加してきました。

前回に引き続き今回は配列試適、重合、セットでした。とても難しい症例でしたが最後は用意された漬物、せんべい、りんご全てしっかり咬める義歯が完成しました。昨年8ヶ月コースを受講してから実際に数症例やってみましたが、今回のセミナーを通して解らなかったことや不明確な部分を再確認することが出来ました。


今後さらに、総義歯の需要が高まるばかりではなく、難症例が増えることが予想されています。さらに技術の研鑽をして多くの方の希望に応えたいと思います。


また全国から集まった多くの先生との話も大変励みになりました。4月から始まる8ヶ月コースへも再度参加しさらに知識を深めたいと思います。


院長







3月5日寺内吉継先生のマイクロスコープを利用した「米国式根管治療2日間コース」を受講してきました。

このコースは1月に野田先生と共に受講する予定でしたが、都合により今回になりました。寺内先生は日本で数少ない歯内療法専門医であり独自のインスツルメントも開発するなど世界的にも有名な先生です。


歯内療法とは、いわゆる神経(根)の治療で、最も根本的な治療ですが、日本では保険での評価が低いためか(アメリカの約1/20)最も遅れている分野といえます。今回はアメリカの専門医レベルの治療を目指すもので最新のトピックスも交えた非常に内容の濃いものでした。セミナーは日本の根管治療の現状から始まりAccess cavity , negociation ,
shaping , cleaningという順番で抜去歯を使用して行いました。


今回のセミナーで特に印象に残ったのはcleaningについてです。Endo vac system,endo activaterなどを用いて器具が到達しないとされる根管全体の35%を洗浄するというものです。次回のセミナーは3/19に引き続き根管充填を中心に行われる予定です。


院長







2月28日(土),3月1日(日)に阿部晴彦先生の総義歯セミナー「SHILLA SYSTEM 5Monthsコース」の第4回目を受講してきました。

このコースは昨年10月から始まった全5回10日間のセミナーですが、今回は阿部先生の開発した「SILLASYSTEM」の有歯顎への応用法と治療への利用法を実習をし通して詳しくレクチャーを受けました。

現在、歯科界は審美のみを重視する傾向にあります。機能がしっかりしていなければ真の審美はないと思います。「SHILLASYSTEM」は個々の患者さんの咬み合わせを細かく分析する事により顎機能、審美、両面を考えたものです。

今まで咬み合わせに関しては細心の注意を払いながら治療をしてきましたが、今後更に機能を考慮した真の審美を追及していきたいと思います。

今回も勉強熱心な当院の技工をお願いしている須山さん、羽田さんも一緒でした。お二人の技術追及に対する姿勢にはいつもながら頭が下がります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


院長







2月9日(月)、澤本歯科@長崎に見学に行ってきました。

澤本歯科医院の診療室です

〈澤本歯科医院の診療室です〉


以前宇藤歯科に見学にいらした澤本歯科のスタッフにカウンセラーの資格を持つ衛生士さんがいる!!という情報を聞きつけ、はるばる長崎まで見学しに行ってきました。(里帰りも含めて・・笑・・)

実際にお会いしてみて、患者さんの心を掴むのがとても上手く、聞いていて安心出来、尚且つ伝えたいことはきちんと伝え、患者さんのことを第一に考えながら仕事をしている方でした。

安心して身を任せることが出来る医師や衛生士がいるのはすばらしいことだと思います。

患者さんが今一番求めていることではないでしょうか。今回は『安心』について深く勉強できたと思います。

私も東京NO,1衛生士を目指して頑張るぞ!!おぅ!!


歯科衛生士 永田







2月7,8日に、日本臨床歯科補綴学会主催の「総義歯ライブ」を受講してきました。

このセミナーは昨年4月から12月まで受講していた日本臨床歯科補綴研修会のアドバンスコースとして、講師の日本歯科大学の小出教授が総義歯の患者さんを実際に治療しながら学ぶものです。今回は当院の技工を担当してもらっている須山さん、羽田さんも一緒に参加し、技工士さんと共に学ぶ事によって、共通の知識を得、さらに連携を深める良い機会ともなりました。今後さらに良い技工物を皆さんに提供出来るものと思います。
終了後全国から集まった先生、技工士さん達との情報交換もとても参考になりました。
次回は3月7,8日続きがあります。診療を休診してご迷惑をおかけしますが、必ず皆さんにより快適な義歯を提供することによって還元したいと思っています。


院長







平成21年1月15日、29日の2日間、寺内吉継先生の米国式根管治療ハンズオンコースを受講してきました。

根管治療先進国アメリカのデータや考え方に基づき、マイクロスコープを使った最新の根管治療を教えていただきました。2日間という限られた時間の中では多すぎるくらいの内容で、頭の中がパンクしそうになりながらもしっかり学んできました。皆さんにより良い治療を受けていただくべく宇藤歯科医院は日々学び続けています。


野田







昨年12月14日(日)、(株)DBMコンサルティング主催「第2回スタッフリーダーミーティング」に発表者として参加してきました。

「完全自費化に踏み切った院長を助けて」という演題でした。全国から集まった歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・受付など約70名を前に緊張しまくりました…。なぜ完全自費の医院にしたのか、またそれに伴う苦労話などを発表しました。私の他5組の発表があり、私と同じ悩みや宇藤歯科に取り入れたいと思う事例などを聞いて、ますますパワーアップした島田です!懇親会で美味しいお酒を呑み、新宿NSビルを後にしたのでした!!


島田 美映子


写真
写真


TOPへ